概要

ここでは laravel4 についての記事を書いていきます。

ルーティング実験

Laravel 4 のルーティングは、少々複雑なので少し実験をしてみました。
使用した Laravel のバージョンは、4.1.11 です。

まず、基本的な指定方法の調査です。
次のような SampleController を用意します。

上記コントローラをサイトのトップノードに関連付ける場合は、次のようにルートを定義します。

上記の書き方は Laravel のドキュメントでも使用されています。

Laravel のドキュメントには書かれていませんが、スラッシュを省略しても正しく認識されるようです。

一方、Laravel のドキュメントではパスを指定して定義する場合は

のように、先頭にスラッシュを付けていませんが

のように、先頭にスラッシュを付けても同じように動作します。

まず、同じルートを定義した場合の実験です。 次のような SampleController を用意します。

続いて routes.php に次のようにルートを定義します。

この設定では、2 番目の設定が有効になり、http://[サーバールート]/sample/hoge にアクセスした場合は method2 が呼ばれます。 どうやら後勝ちのようです。 実際に上下を入替えて とした場合は method1 が呼ばれます。 続いて REST フルコントローラーへのルーティングとの比較です。 SampleController を次のように定義します。 routes.php では次のように定義します。 上記設定で http://[サーバールート]/sample/hoge にアクセスすると jump メソッドが呼ばれます。 こちらでも定義を入替えて次のようにしてアクセスしてみます。 すると、anyHoge が呼ばれます。 HTTP 動詞へのルートと REST フルコントローラーへのルートを定義した場合では、 先勝ちになるようです。 続いて REST フル同士の比較です。 SampleController を次のように定義。 あらたに AppleController というファイルを追加して次のように定義。 以上のように同じメソッドを持たせます。 routes.php は次のように定義します。 http://[サーバールート]/tekito/hoge にアクセスすると、 AppleController の anyHoge が呼ばれます。 これまでと同様に入替えます。 すると、SampleController の anyHoge が呼ばれます。 後勝ちのようです。 一旦ここまでをまとめると、 HTTP 動詞 : HTTP 動詞 -> 後勝ち HTTP 動詞 : REST フル -> 先勝ち REST フル : REST フル -> 後勝ち

デバッグ

eclipse や NetBeans で Laravel をデバッグできるようになると開発が楽になります。

ここでは、基本的なデバッグの設定から Laravel のデバッグ方法までを解説したいと思います。

環境

今回使用した環境は次のとおりです。

OS: Windows 7 Professional
Apach、PHP: XAMPP 1.7.7 (Apach 2.2.21、PHP 5.3.8)
eclipse: 4.2 (Juno)
NetBeans: 7.3

xampp のインストールディレクトリ: C:\xampp

準備

eclipse、NetBeans のどちらでもデバッグをするには、PHP の設定を変更する必要があります。

php.ini の内容を次ぎように書き換えます。筆者の環境では xampp を C:\xampp にインストールしていますので、php.ini は C:\xampp\php\php.ini となります。

※ zend_extension の値はお使いの環境に合わせてパスを変えて下さい。
※ 筆者が使用している XAMPP では php_xdebug.dll が最初からインストールされていましたが、 お使いの環境によっては、インストールされていない場合がありますので、その場合はあらかじめ 入手してインストールしておいてください。

php.ini を変更して保存したら、Apache を再起動します。

eclipse でのデバッグ

準備

[ウィンドウ] – [設定] を選択して、[設定] ダイアログを表示します。

[設定] ダイアログを表示したら、[PHP] – [PHP 実行可能ファイル] を選択します。

[PHP 実行可能ファイル] で、[追加] ボタンをクリックして [新規 PHP 実行可能ファイルの追加] ダイアログを表示します。

[新規 PHP 実行可能ファイルの追加] ダイアログが表示されたら次の内容を入力して [OK] ボタンをクリックして設定を保存します。

  • 名前: PHP デバッグ ※任意の名前
  • 実行可能ファイルパス: C:\xampp\php\php.exe
  • PHP.ini ファイル: C:\xampp\php\php.ini
  • SAPI タイプ: CLI
  • PHP デバッガー: xDebug

続いて、[PHP] – [PHP サーバー] を選択します。

[PHP サーバー] 画面を表示したら、[新規] もしくは既存のサーバー設定 [編集] します。

  • 名前: Default PHP Web Server ※任意の名前
  • ベース URL: http://localhost
  • Local Web Root: C:\xampp\htdocs

以上でデバッグの準備ができました。確認のために、サンプルの PHP プロジェクトを作成してデバッグをしてみましょう。

適当な PHP プロジェクトを作成したら [実行] – [デバッグの構成] を選択。

[デバッグの構成] ダイアログを表示したら、デバッグ対象の PHP Web アプリケーションを選択して、次の設定がされていることを確認したら [デバッグ] を実行します。

  • [サーバー] タブ – PHP サーバー: Default PHP Web Server ※[PHP サーバー] 画面で追加したサーバーの名前
  • [サーバー] タブ – ファイル: ※実行対象のファイルパス
  • [サーバー] タブ – URL: ※実行する URL が正しくなるように入力する
  • [デバッガー] タブ – サーバー・デバッガー: xDebug
  • [デバッガー] タブ – ブレークポイント: 最初の行でブレークにチェックを入れる

デバッグを実行して ファイルで指定したファイルの最初でブレークをしたら成功です。

Laravel のデバッグ

composer のインストール

laravel 4 を利用するには composer が必要になるので、composer をインストールしておく必要があります。

Windows に composer をインストールするには、次の場所からインストーラをダウンロードして実行します。

https://getcomposer.org/download/

Windows 用インストーラはこちら→https://getcomposer.org/Composer-Setup.exe

ダウンロードした Composer-Setup.exe を実行します。

インストーラが起動したら図 1 が表示されるので、[Next] ボタンをクリックして次の画面に進めてください。

composer-install-001

図 1. Composer Setup 画面

続いて Composer をシェルメニューで使用できるようにするかを選択する画面(図 2)が表示されます。
※Windows XP では表示されないようです(現在調査中)

composer-install-002

図 2. Select components 画面

シェルメニューで使用しない方は [Do not install Shell Menus] を選択してください。

選択したら [Next] をクリックします。

続いて php.exe がインストールされているパスを指定する画面が表示されます(図 3)。通常はインストーラがインストールされている場所を探してくれるので、そのまま [Next] をクリックします。

composer-install-003

図 3. Settings Check 画面

インストールの準備完了の画面(図 4)が表示されるので、[Install] をクリックします。

composer-install-004

図 4. Ready to Install 画面

古いバージョンの composer をインストールしている場合は、図 5 が表示されてインストールを続行できません。

composer-install-005

図 5. Path Settings Error 画面

上記画面が表示されたら、古い composer をアンインストールしてから再度実行してください。

ファイルの転送が完了したら、インフォメーション画面(図 6)が表示されるので、[Next] をクリックします。

composer-install-006

図 6. Information 画面

図 7 の画面が表示されたらインストール完了です。

composer-install-007

図 7. Completing Composer Setup 画面

[Finish] ボタンをクリックしてインストーラを終了したら、正しく composer がインストールされているか確認します。

コマンドプロンプトを起動して composer -v と入力してください。

composer-install-008

図 8. Composer のバージョン表示

composer のバージョンやヘルプが表示されれば正常にインストールされています。

てーぶるてすと

     
 

ああああ

っっd

gyomu-2014  

てーぶるの子

てーぶるの孫

▲ページのトップへ戻る